whats

【2019年版】医療業者のファクタリング活用術

       

病院であるとかクリニック、さらには薬局などを経営している方にとっても資金調達はしなければならない場面があります。
安定していると思われている業種でもありますが、設備投資等には莫大なお金がかかってしまうことも事実。人件費なども高額になりやすい、との特徴があり一定の資金は確保しておかなければなりません。

そこで医療業者の中にも、ファクタリングによる資金調達を行うところが増えてきているのです。
いわゆる診療報酬ファクタリングと呼ばれるものですが、実は通常のファクタリングとは異なり手数料がかなり有利です。公的といってもよい、倒産する可能性が極めて低いところから入金されてきますよね。そのファクタリングなので、業者としても安心して債権を買い取れるのです。

こちらでは医療業者のファクタリングを利用すべきタイミングについてお伝えしますね。
どんな場面で利用すべきか悩んでいる方は必見です。

人件費の負担が大きくなり資金難が発生したときにはファクタリングを利用しよう

医療系の経営者の頭を悩ませているのが人材の確保です。
そもそも医療業者の人材は不足している状況が続いており、さらに離職率も極めて高いのです。人材に仕事をやめられてしまうと新たな人材を探さなければなりませんが、すぐに見つかるとは限りません。非常に頭の痛い問題です。

さらに人材を確保するにもお金が必要になってきます。
特に新たに募集をかけるとなると、かなりのコストがかかってくるんですよ。
看護師一人を雇うために数十万円を求人業者側に支払う、ということもあるのです。その雇用するためにかかる費用を捻出するのもかなり難しいのが現状。
支払ったところ、資金難になってしまった、といった病院もあるのです。

人件費の負担が大きくなってしまい資金案に陥ってしまったケースにはファクタリングを有効に活用しましょう。一般的な融資とは異なり、ファクタリングであれば利息も付きません。毎月の返済も発生しないのです。

さらに診療報酬ファクタリングについては、手数料が低く抑えられています。確実に入金されるものをファクタリングすることになるので、ファクタリング業者側も安心して買い取ってくれるわけ。

有利な条件になりやすいので、医療業者はファクタリングをうまく活用すべきです。

レセプト請求に予想以上の返戻が発生したケースはファクタリングを利用しよう

毎月行うのがレセプト請求です。
でもいつもうまくいくとは限りませんよね。失敗して高額の返戻を行わなければならないこともあるわけ。

高額の返戻をおこなってしまうと、残るお金が少なくなってしまいます。当初予定していた経営ができなくなる恐れもあるのです。そこでファクタリングの出番となります。

月末の支払いなどが困難になる前に、とりあえずファクタリングで資金調達をします。
資金調達ができれば、月末の支払いにも対応できますよね。予想以上の返済が発生した場合であったとしても、資金が手元にあれば対応できるわけ。

レセプト請求がうまくいかなかったとしても焦らないでください。ファクタリングであればうまく対応できますよ。

月々の返済が困難になったときはファクタリングを利用しよう

開業するに当たり莫大な費用がかかるのが医療系です。
特にクリニックなどの医療機関については、検査機器などの設備投資がかなりの額になります。

さらに開業してからもスタッフの育成であるとか宣伝などもしなければなりません。先出し費用が膨大になってしまうのです。そこで利用するのが融資ですよね。融資を受けることは問題なのですが、返済をしなければなりません。

その返済のコストに悩まされるケースが多いのです。

すでに借り入れがあると、新たな借入は難しいですよね。
そんなときにファクタリングがおすすめです。ファクタリングは借り入れではないので、返済が増えるわけでもありません。

借入金が増えるわけではないので、今後の融資の邪魔にもならないのです。