【2019年版】介護福祉業者のファクタリング活用術 | ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

【2019年版】介護福祉業者のファクタリング活用術

       

介護福祉事業に関しては安定しているように思われているかもしれません。
しかし、その実、苦しい台所事業に悩まされているところも少なくありません。資金調達をしなければならない、ということもあるのです。

やはり介護福祉事業といえば離職率の高さに悩んでいるところが多いですよね。急に仕事をやめられてしまうと、新たに人材を探さなければなりません。その時にも一定のコストがかかることに・・・。

こちらでは介護福祉事業者のファクタリングを利用すべきタイミングについてお伝えします。
ファクタリングによる資金調達は知っていたけど、その詳しい内容を理解していなかった、という方も多いはず。

ファクタリングは有効な資金調達法なのでどのような場面で利用すべきかを把握しておきましょう。

利用者とのトラブルで資金繰りが悪化した時にファクタリングを利用しよう!

ファクタリングによる資金調達は、基本的にイレギュラーな場面での利用が適しています。
福祉介護事業と言うと、利用者とのトラブルがそのイレギュラーな場面に相当することが少なくありません。

利用者様やそのご家族との関係というものはかなり難しいのが実情です。経営者の方であれば何度も苦しい場面を経験したことでしょう。

想定外の場面に遭遇してしまった経験もあるのではありませんか?
そんな想定外のトラブルで、慰謝料を請求されてしまったり弁償などが発生したりした経験がある方も多いでしょう。

結果的に支払わなければならなくなってしまった時にファクタリングの出番となるわけです。
ファクタリングでその慰謝料や弁償などに対応すれば、とりあえず資金難からは逃れられますよね。しかもそのような支出は定期的にあるわけではありません。あくまでイレギュラーなものなので、ファクタリングのおすすめの活用方法となるのです。

銀行融資からのめどが立たない時にファクタリングを利用しよう

介護福祉事業者に関しては、銀行からの融資で資金調達をしているケースが多いのではありませんか?
利用者が急にいなくなってしまう可能性も低いとされている事業なので、銀行などから借り入れできる可能性が高い、といった特徴もあるわけです。

銀行であれば金利が低い半面、大きな問題もあります。
その問題とは、審査に時間がかかる、というもの。

本来は半月後までには資金を調達したいのに、審査時間だけで1ヶ月かかる、ということも考えられるのです。
急な資金難の場合には銀行には頼っていられません。

そこで出番となるのがファクタリングとなるわけ。
ファクタリングであれば、最短即日の資金調達が可能です。審査時間が圧倒的に短い、といった特徴もあり、資金繰りが急激に悪化したような場面でも有効活用できるんですよ。

まずはファクタリングを利用して資金を確保した上で、余裕がある時に銀行融資で資金調達をする、ということがおすすめです。

設備投資などで資金不足になった時に利用しよう

介護福祉事業に関しては、様々な設備を取り入れるために一定のコストが発生するものです。そのコストはかなり高額になる恐れもあり、資金難を誘発してしまいます。

リハビリ器具であるとか特殊なベッド、さらには訪問介護をするための自動車なども費用がかかりますよね。

設備投資資金に関してもイレギュラーな出費となるためファクタリングによる資金調達が適しています。

ちなみに介護保険などを債権として利用することになるので、手数料が低く設定されるのは大きなメリットです。債権額に近い金額を資金調達できるので、それほど損した気分にはなりませんよ。
介護福祉業者は積極的にファクタリングによる資金調達を考えるべきです。