経済産業省が推奨しているファクタリングと中小企業が抱える問題点について解説 | 事業者向け即日ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

経済産業省が推奨しているファクタリングと中小企業が抱える問題点について解説

経済産業省が推奨しているファクタリングとは?

経済産業省が推奨している「ファクタリング」とは、自社が保有している支払期日前の売掛債権をファクタリング会社へ売却し、現金化する資金調達方法です。売掛金を支払期日前に現金化することができるため、急な出費などすぐに資金が必要な時の資金調達方法として有効な手段となります。また、ファクタリングは償還請求権がないため、売掛先からの未回収リスク・貸し倒れリスクから回避するために利用することもできます。

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットは以下の通りです。
支払期日前の売掛債権を現金化することができる
ファクタリングでは、支払期日前の売掛債権を現金化することができます。本来であれば、売掛債権を保有していても、取引先から売掛金の支払いがあるまでは、自社の資金として利用することができません。自社の資金として利用することができないため、急な出費や資金繰りの改善のために利用することができず、黒字倒産となってしまう企業も珍しくはありません。しかし、ファクタリングを利用することで、入金サイクルを短縮できるため、急な出費や資金繰りの改善に利用することができます。
審査通過率が高い
ファクタリングは、銀行などの金融機関と比べて審査通過率が高くなっています。なぜなら、ファクタリングでの審査対象は「売掛債権の内容」と「売掛先の経営状況」となっているからです。銀行などの金融機関の審査対象は、自社の経営状況や信用情報となっており、過去に金融事故を起こしている企業や起業から間もない企業は審査に通過することは難しいでしょう。しかしファクタリングでは、自社の信用情報や経営状況に左右されることなく、審査に通過することができます。また、審査スピードも非常に早く、会社によっては即日で売掛債権を現金化できることもあります。
未回収・貸し倒れリスクから回避することができる
ファクタリングを利用することで、売掛先からの未回収・貸し倒れリスクから回避することができます。なぜなら、ファクタリングには基本的に償還請求権がなく、売掛債権をファクタリング会社へ売却した後は、支払い義務が発生しないからです。そのため、ファクタリング会社が売掛金を回収することができなくても、支払いを求められることはありません。ファクタリングと似ている「廻し手形」で資金調達をした場合は、償還請求権があるので譲渡した手形が不渡りとなった場合、支払い義務が生じてしまいます。

ファクタリングを利用する際の注意点

ファクタリングを利用する際は以下の注意点に気をつけましょう。
キャッシュフローが悪化してしまう可能性がある
資金繰りの改善のためにファクタリングを利用する企業も多いですが、ファクタリングを無計画に利用してしまうと、キャッシュフローが悪化してしまう可能性があります。なぜなら、ファクタリングを利用する際は、融資などよりも比較的高い手数料を支払う必要があるからです。銀行からの融資の場合、金利相場は5~18%といわれていますが、ファクタリングでは、3社間ファクタリングでは1~10%、2社間ファクタリングでは10~30%が手数料相場となります。取引先にファクタリングを利用することが知られて問題がない場合は、3社間ファクタリングを利用して手数料を抑えるようにしましょう。
取引先との関係が悪くなる可能性がある
ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。2社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社の間で取引が完了するため、取引先にファクタリングを利用することを知られることはありません。一方3社間ファクタリングとは、利用者・ファクタリング会社・取引先の3社間で完了する取引となります。そのため、売掛債権をファクタリング会社に譲渡することを取引先に同意してもらう必要があり、ファクタリングの利用が取引先に知られてしまいます。ファクタリングを利用していることが取引先に知られてしまうと、「経営状況が悪いのではないか」「うちの経営状況を信用していないのではないか」などと不信感を抱かれてしまい、関係が悪化してしまう可能性があるので注意が必要です。

日本国内における資金調達の問題点

日本にある企業のうち、99%以上が中小企業となっており、日本経済を支えているのは中小企業といっても過言ではありません。しかし、中小企業が利用している資金調達方法は大企業と比べて偏っており、今後資金調達方法の多様化を進めていく必要があります。

中小企業が抱える資金調達の問題点

中小企業が抱えている資金調達の問題点は以下の通りです。
借入依存度の高さ
借入依存度とは、企業が保有している総資産に占める借入金の割合を意味しており、どれだけ借り入れに依存しているかを示す指標のことです。中小企業においては、この借入依存度の高さが問題視されています。大企業においては、株式発行など返済不要な「自己資本」の割合が借入金の割合よりも高くなっている場合がほとんどですが、中小企業の場合は逆で、総資産のうち借入金が大きな割合を占めています。借入金は銀行などの金融機関から融資を受けて調達した資金なので返済義務があり、その返済負担によりさらに資金需要が高まる可能性があります。金融機関へ返済する際に資金を用意できなければ、利益は上がっていても倒産してしまう「黒字倒産」になってしまうことも頭に入れておかなければいけません。
借入の難易度
日本銀行が民間企業に対して行った「全国企業短期経済観測調査」では、金融機関がどれだけ積極的に融資を行ったかを企業規模ごとに調査しました。その結果、中小企業は大企業と比較して、金融機関の融資に対して「きびしい」という印象を抱いていることが分かりました。実際に中小企業よりも大企業の方が融資を受けやすいのかは不透明ではありますが、中小企業の方が融資による資金繰りに悩まされているのは確かだといえます。
担保の確保
日本では、不動産などを担保とした資金調達が主流となっています。特に借入依存度が高い中小企業は、融資ハードルが高く、担保を確保しなければ融資をしてくれないといったケースも珍しくはありません。では、なぜ銀行などの金融機関は融資の際に担保を提供させるのでしょうか。それは貸し倒れリスクから回避するためです。例えば500万円の融資を検討している場合、担保価値500万円の不動産を担保提供すれば、貸し倒れに陥った場合でも損失は実質ありません。そのため、担保を提供した場合の方が、融資を受けられる確率が高くなるのです。しかし、中小企業にとって借入のたびに担保を確保することは現実的ではありません。特に資金繰りに困っている中小企業の場合、「保有している不動産は既に担保に入れている」といったケースが多くなります。担保を提供してくれないとなると、銀行などの金融機関は融資を渋ってしまい、融資を受けられないという結果になることが予想されます。

経済産業省は売掛債権を利用した資金調達方法を推奨している

経済産業省は、中小企業が資金調達を行う際に、不動産などの担保価値に影響を受けすぎていることを懸念しており、その代わりに「売掛債権」を利用した資金調達方法を推奨しています。現状の日本における、売掛債権を利用した資金調達方法には「ABL」と「ファクタリング」の2種類があります。以下ではこの2つの資金調達方法について解説させていただきます。

ABL(アセット・ベースト・レンディング)

ABLは、売掛債権を担保に融資を受ける資金調達方法です。従来の日本では不動産担保が重要視されていましたが、売掛債権や診療報酬債権などの動産を担保にすることで、融資を受けやすくなりました。銀行などの金融機関としても、動産も不動産担保と同様に担保価値分を回収できるため、貸し倒れのリスクが軽減します。また、経済産業省は売掛債権担保融資を広める施策として、「売掛債権担保融資保証制度」を打ち出しており、売掛債権を担保とした融資にも、公的機関である信用保証協会の保証が行われるようになりました。ABLはアメリカなどでは一般的に利用されていますが、まだ日本での利用は少ない状況となっています。しかし、国として施策を行っていることから、今後重要性が高まることが予想されます。

ファクタリング

ファクタリングは、支払期日前の売掛債権をファクタリング会社に売却することで現金を得る資金調達方法です。本来利用できない売掛債権を、支払期日前に現金化することができるので、急な出費や資金繰りの改善に利用することができます。中小企業にとって、売掛金の未回収・貸し倒れリスクは、資金繰りに大きな影響を及ぼしてしまいます。しかし、ファクタリングには償還請求権がなく、そういったリスクを回避するためにも利用することができます。

今後の日本では売掛債権を利用した資金調達が拡大する

今回は経済産業省が推奨している売掛債権を利用した資金調達方法と中小企業の問題点について解説させていただきました。現在の日本では、売掛債権を利用した資金調達を推進するための法整備や施策が進められており、今後の日本では売掛債権を利用した資金調達が拡大していくことが予想されます。特に「ファクタリング」は外部機関(銀行など)の影響を受けずに資金を調達できるため、中小企業の本質的な問題を解決できる可能性が高いといえるでしょう。ファクタリングは、負債にならないうえに、審査も銀行のように厳しくないため、中小企業におすすめの資金調達方法といえます。
TOPに戻る