即日現金化も可能!東京でファクタリングを行いたい場合どうすればいいのか徹底解説! | 事業者向け即日ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

即日現金化も可能!東京でファクタリングを行いたい場合どうすればいいのか徹底解説!

日本の首都東京。一極集中とも言われる社会経済構造の中で、多数の会社、事業所が集中しています。 日々の事業活動の中で、資金調達に迫られる事業者も多く、彼らに対する銀行や消費者金融の融資需要も多くなっています。多数の事業者のニーズに対応するため、各金融機関のメニューも充実していますが、融資という法律でしっかり決められた厳しい枠組みの中では、対応できない資金需要も増えています。 その急な資金需要を狙う、悪質でハイエナのような闇金融も東京では多数跳梁跋扈しています。そうした闇金融の罠を回避し、資金調達を叶える手段としてファクタリングが注目されています。 今回は東京でのファクタリングについて解説します。

都内の事業者数とファクタリング会社数

東京都内にはどのくらいの事業者と彼らをターゲットにした金融機関やファクタリング会社があるのか確認しておきましょう。

東京にある事業所は圧倒的に中小企業が多い

まず東京都内の事業所数を確認しておきましょう。 東京の事業所数は約63万所、就業者数は約817万人で、それぞれ全国の11.5%、13.7%を占めます。そのうち、会社は約26万社で、全国の15.2%を占めます。つまり個人事業主は、63万-26万=37万事業者ということになります。 個人事業主は必ずしも1人でやっているフリーランスを意味せず、従業員を抱える個人事業主もいます。 都内企業の99.0%が中小企業であり圧倒的に中小企業が多く、彼らを対象にした金融機関のメニューの提供が必要だということがわかります。

都内の金融機関、消費者金融の数

一義的に都内63万事業者の資金調達の方法として、金融機関や消費者金融からの融資が挙げられます。都内にはどのくらいの金融機関や消費者金融があるのでしょうか? 「東京都公金を納付できる金融機関一覧」 によると
  • 都市銀行:4行
  • 地方銀行:75行
  • 信託銀行:4行
  • ネット専業銀行・外資系銀行:6行
  • 信用金庫:31行
  • 信用組合:19行
  • 農協:15行
  • ゆうちょ銀行
  • 日本政策金融公庫
  • 商工中金
  • 日本政策投資銀行
これだけの選択肢があります。 また消費者金融は 「ITmedia:消費者金融が多い都道府県 3位「福岡県」、2位「東京都」、1位は?」によると 20社東京都内にあります。 それなりに選択肢はありそうですが、消費者金融で融資を希望した場合も、即日融資は非常にレアケースです。最初から書類を全部そろえて、朝一で店舗に行くかWEBで申し込みをして、まったく瑕疵がなかった場合に可能かどうか、というレベルになります。

都内のファクタリング会社の数は?

ファクタリング会社はその開業にあたり、銀行や消費者金融のように厳しい審査や許可があるわけではないので、開業までのハードルが低く、現在わかっているだけで97社、100社近いファクタリング会社が存在しています。 これらはホームページもあり、比較的信用できそうなところですが、それ以外のも限りなく闇金融に近いような法外な手数料を取るファクタリング会社も存在しています。法外な、と書きましたが、ファクタリング手数料について定める(規制する)法律がないので、違法とまで言えないことがまたファクタリングを玉石混交の状態にしてしまっています。 優良なファクタリング会社も多く、融資によらない資金調達のメリットは確実にあります。

さまざまな駅からアクセスしやすい東京のファクタリング

世界最大規模の都市である東京がファクタリングを申し込むにあたり、東京の3大都市「新宿」「渋谷」「池袋」について比較します。ご自身のアクセスなどを考えて、どこでファクタリングをするのか決めていただきたいと思います。対面でなくWEBだけで完結するファクタリングもあります(法的に対面不可欠ではありません)。

東京の中心地!新宿、渋谷、池袋の場所

新宿、渋谷、池袋ともに東京の「副都心」と呼ばれるところになります。具体的には、東京23区の西部にあり、政治、経済の中心地である丸の内や霞が関とは少々離れています。新宿には東京都庁がありますが、どちらかと言うとこの3都市は、商業や娯楽、文化の中心地と言っていいでしょう。 普通の人が丸の内や霞が関に行くことはあまりありませんが、新宿、渋谷、池袋に行く人は多いと思います。 この3都市ですが、ご存じのように山手線の主要駅として知られています。山手線の各駅間の時間ですが 池袋→7分→新宿→9分→渋谷 となっています。それぞれの駅間は10分以内で行くことができるので、それほどの手間ではありません。ただし、どの駅も広く、非常に混んでいるため、駅ナカで迷子になってしまう人もいます。ある意味、日本最大の地下迷宮が3つあると言えるかもしれません。 どの駅にも山の手線をはじめ、埼京線などのJR各線、私鉄各線、地下鉄(東京メトロ、都営地下鉄)が乗り入れています。特に、新宿、渋谷、池袋の混雑を解消するために作られた「東京メトロ副都心線」はまさに副都心であるこの3駅を結ぶもので、途中駅にも停まり、直通運転で横浜中華街まで延びているため、横浜に住んでいる人も1本で行きやすく、アクセスは非常に便利です。
新宿の地理的特徴
東京都新宿区にあります。ただし南口高島屋などの住所は渋谷区になるため、新宿区の南端付近が「新宿」という街になります。 多くの鉄道が乗り入れしている東京の大動脈です。新宿駅はたいへん広く、西口と東口、南口を間違えると大変なことになります。新宿駅の1日平均乗降者数は約342万人(2015年)であり、世界一(桁違いに)人が行き交う駅です。その周囲の町も常に人であふれかえっています。総武線や地下鉄新宿線で千葉方面からも来やすくなっています。 大久保寄りには日本最大の歓楽街「歌舞伎町」があります。かつては治安が日本一悪い町として知られていましたが、条例などによって取り締まりが強化されて、現在では普通に中を通れるようになりました。消費者金融も歌舞伎町に多くあります。 ただし、まだ最深部にはアングラなお店も多数存在しています。
渋谷の地理的特徴
東京都渋谷区にあります。渋谷駅の1日の平均乗降人員は約230万人で、新宿、池袋、梅田(大阪)に次いで日本4位の人が行き交う駅になります。JR線のほか、地下鉄半蔵門線、副都心線、銀座線、京王井の頭線が乗り入れています。 「SHIBUYA 109」や道玄坂など若者ファッション、文化の中心地として知られています。 他の駅と比較して、駅を出てから迷ってしまうのが渋谷です。特に坂道が多いので、一度上ってしまうと戻りにくくなります。
池袋の地理的特徴
東京都豊島区にあります。池袋駅全体の1日平均の利用者数は約262万人で、日本2位。東京都内の人だけではなく、埼玉県民が東京都内に行くときにはよる通過する駅になります。JR線のほか、地下鉄、私鉄の東武、西武が乗り入れています。 家電量販店のCMにもありますが、「東口→西武百貨店」「西口→東武百貨店」ですので間違えないようにしてください。 「おばあちゃんの原宿」である巣鴨にも近いため、渋谷とは逆で町の年齢層は高めになっています。家電量販店が集積していて買い物をするには便利な街です。 東口、西口それぞれに百貨店などがあり、繁華街も形成されています。歌舞伎町は浄化された結果、池袋が相対的に物騒な街になっています。

3都市のイメージとファクタリング

以上、新宿、渋谷、池袋について以下で簡単にイメージをまとめてみましょう。 新宿:利用者日本1位。あらゆるものが集積する。千葉方面から来やすい。年齢層は普通 渋谷:利用者日本4位。おしゃれで若い町。横浜方面から来やすい。年齢層は若い 池袋:利用者日本2位。少し猥雑な感じがする。埼玉方面から来やすい。年齢層は高め どの駅にもファクタリング会社はあります。アングラ度が強いのは池袋>新宿>渋谷なので、相対的にこの順番で問題のあるファクタリング会社は多くなりそうです。必ずHPがあり、しっかりした会社(法人である。電話が固定電話など。携帯はNG)を選んでください。 登記されている法人かどうかは、法務局で登記簿謄本を取らなくても 「国税庁法人番号公表サイト」 でわかります(登記の詳細は謄本を取得しないとわかりませんが。実際に存在するかどうかはサイトでわかります)。

まとめ 東京でファクタリングを考えている場合「MSFJ」にお任せ

以上、東京でのファクタリング事情について解説しました。東京ではファクタリングを必要とする事業所もファクタリング会社も全国最多で、ファクタリングを利用できる機会も多くなっています。 その中で、玉石混交ともいえるファクタリング会社の中から、優良な会社を選ぶ目がみなさんには求められます。金融業と異なり、ファクタリング開業までの敷居は低いので、優良企業も悪徳企業もともに参入しやすいのです。

事業者向け即日ファクタリングならMSFJ株式会社

そうした中で事業者がファクタリングを行いたい場合「MSFJ株式会社」をおすすめします。MSFJ株式会社のファクタリングは東京にあるファクタリング会社の中でも、利用者にとって非常に条件がよく、初めてファクタリングを利用していただく方にとってもおすすめできるものになっています。 その理由は以下になります。
  1. ファクタリング対象は10万円~5000万円の売掛債権
  2. ファクタリング手数料は1.8%~10%
  3. 最短60分も可能!業界でも屈指の迅速な資金調達
  4. 500万円までの売掛債権であれば即日現金化可能
  5. 対面不要、オンライン契約が可能
  6. 会社組織だけではなく個人事業主やフリーランスの方もファクタリング可能
  7. 事業者のニーズに応じて2社間ファクタリングと3社間ファクタリング双方可能
最短60分でファクタリングできるのは大きなメリットであり、急な(本当に急な)資金調達需要にも対応します。 個人事業主やフリーランスの方については断りするファクタリング会社もありますが、MSFJ株式会社では問題なくファクタリングすることが可能です。 MSFJ株式会社で迅速にファクタリングして、都内の交通機関を使えばその日のうちに支払うことも問題なくできます。 都内事業者だけではなく、東京以外の事業者のファクタリングも問題ありません。迅速な資金調達を必要としている方は、ぜひ東京都内の多数のファクタリング会社から選ばれているMSFJ株式会社のご利用を検討してください。

ファクタリングは必要な金額を適正に利用しよう

ファクタリングは融資によらない資金調達手段として、急速に認知されつつあります。一方で、法整備が追い付いていない面もあり、悪徳企業による高額手数料被害も報告されています。 上手に利用すれば、融資や手形裏書などよりも機動的に資金調達できるので、しっかり適正な使い方をマスターしてください。ファクタリングを理解できればリスクを低く、有益な資金調達ができます。 迅速な資金調達以外にも、貸し倒れ防止や信用調査目的で活用できるファクタリングも生まれています。東京であれば、さまざまな使い方ができるファクタリングを取り扱う会社があり、みなさんのご希望に沿えます。 その1つとして「MSFJ株式会社」を検討していただければ幸甚です。
TOPに戻る