ファクタリングと廻し手形(裏書手形)の違いについて詳しく解説 | 事業者向け即日ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

ファクタリングと廻し手形(裏書手形)の違いについて詳しく解説

ファクタリングとは

ファクタリングとは、自社が保有している売掛債権をファクタリング会社に買取ってもらうことで、取引先からの入金を待たずに現金化することができるサービスです。現在、ほとんどの日本企業では「後払い取引」を行っており、商品やサービスの提供から支払いまで一定の期間が開いてしまっています。そのため、支払いの際に売掛先の経営状況が悪化しており、売掛金の入金が遅れたり、貸し倒れになるケースも珍しくはありません。そうなってしまった場合、特に小規模の企業は資金繰りが悪化してしまい、黒字倒産になってしまう可能性があります。そこでファクタリングを利用することで、売掛金の入金遅れや回収不能といったリスクから回避することができます。

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットは以下の通りです。
資金調達スピードが速い
ファクタリングは銀行融資などと比べて資金調達スピードが速く、場合によっては即日で売掛債権を現金化できることもあります。そのため資金繰りの悪化など急な出費にも対応することができます。融資の場合は、決算資料などの書類の確認や企業の経営状況を慎重に評価する必要があるため、審査に1~2か月程度かかってしまいます。一方ファクタリングの場合は基本的に「売掛債権」に問題がなければすぐに利用することができるため、遅くても1週間以内には売掛債権を現金化することができます。すぐに資金が必要な場合の資金調達方法として有効な手段となります。
自社の経営状況に関係なく利用できる
ファクタリングを利用する際の審査対象は、「売掛債権」と「売掛先の経営状況」になります。これはファクタリング業者の回収リスクが売掛先にあるからです。そのため、自社の経営状況が悪化していたり、過去に金融事故を起こしていても問題なくファクタリングを利用することができます。過去に金融事故を起こした企業や起業して間もない企業の資金調達方法として有効な手段となります。
貸し倒れリスクからの回避
ファクタリング会社に売掛債権を譲渡後は、ファクタリング利用者に返済義務はありません。そのため、売掛債権譲渡後にファクタリング会社が売掛金を回収できなくても、利用者はそれに関して支払いを求められることはないのです。もし、売掛先の経営状況が悪化している場合は、貸し倒れリスクを回避する手段としても活用できます。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリットは以下の通りです。
手数料がかかる
ファクタリングを利用する際は、3社間ファクタリングの場合5~10%、2社間ファクタリングの場合は10~20%の手数料が掛かってしまいます。融資と比べて資金調達スピードが速いことはメリットですが、場合によっては自社の資金繰りの悪化の原因になってしまうため、注意が必要です。
売掛債権の金額を上回る資金調達ができない
ファクタリングは、売掛金を早めに現金化することができるサービスなので、調達できる金額は売掛債権の範囲内となります。そのため、売掛債権額が現金化できる上限であり、それを上回る資金調達はできません。その点銀行からの融資は、審査こそ時間が掛かりますが、多額の資金を調達できる可能性があります。
自社の経営状況を疑われる可能性がある
ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。2社間ファクタリングの場合は、ファクタリング利用者とファクタリング会社の間で取引が完了するため、売掛先に売掛債権を売却したことは知られません。しかし、3社間ファクタリングでは、ファクタリング利用者・売掛先・ファクタリング会社で取引を行うため、売掛先に売掛債権を売却する旨が知られてしまいます。売掛債権を売却する旨が知られてしまうと、「資金繰りが悪いのではないか」など自社の経営状況を疑われる可能性があり、場合によっては今後の取引を中断されてしまう可能性があります。

廻し手形(裏書手形)とは

廻し手形とは、他社から受け取った手形をそのまま別の他社の決済のために渡すことで、別名「裏書手形」とも呼ばれています。手形を使用した企業間取引には「約束手形」と「為替手形」がありますが、主に使用されているのは「約束手形」です。約束手形は掛け取引の支払いに利用されていますが、支払いサイトが2~3か月など長期に設定されている場合が多く、現金化までに時間が掛かってしまい、自社の資金繰りが悪化してしまう可能性があります。そのため、取引先から受け取った約束手形を、そのまま他社の決済のために渡す「廻し手形」として利用することができます。

廻し手形のメリット

廻し手形のメリットは以下の通りです。
約束手形を現金化する前に他の決済に充てられる
他社から受け取った「約束手形」の支払期日まで待っていると、手形に記載してある金額は支払期日まで利用することはできませんが、「廻し手形」を利用すると支払期日前に他の決済に充てることができます。
手数料がかからない
廻し手形は、他社から受け取った約束手形を他の決済にそのまま充てるので、手数料が掛かりません。手形を資金化する方法には「廻し手形」の他に「手形割引」があります。手形割引とは受け取った約束手形を銀行など金融機関に依頼し、約束手形の支払期日前に現金化する資金調達方法です。しかし、手形割引では約束手形を現金化する際に手数料を取られてしまいます。一方廻し手形では、受け取った約束手形をそのまま他の企業に譲渡するので、手形に記載されている金額を、手数料なしで決済に充てることができます・

廻し手形のデメリット

廻し手形のデメリットは以下の通りです。
手形不渡り時には支払い義務がある
約束手形を発行した企業が倒産した場合や未入金となった場合は、廻し手形を譲渡した企業から支払いを求められる可能性があり、その際は支払い義務が発生します。廻し手形は約束手形譲渡後も、手形が決済されるまで責任を負わなければいけないので譲渡後も安心することはできません。一方ファクタリングでは、売掛債権をファクタリング業者へ譲渡後は支払い義務がないので、安心して事業に専念することができます。
取引先の同意を得なければならない
廻し手形を利用する際は、事前に取引先から廻し手形による決済で問題ないかという同意を得なければなりません。その際は、手形の支払いサイトや手形の振出先企業の情報を伝える必要があります。提供した情報をもとに取引先が検討し、同意を得られなければ廻し手形を利用することができません。また、廻し手形を利用すると、取引先に「経営状況が悪いのではないか」という不安を与える可能性があり、今後の取引に影響を及ぼすリスクがあります。一方2社間ファクタリングでは、ファクタリングを利用する企業とファクタリング会社の2社間で取引を完了することができるため、取引先に売掛債権を譲渡した旨が知られてしまうことはありません。

ファクタリングと廻し手形の違い

ファクタリングと廻し手形は、似たような資金調達方法として認識されていますが、異なる点がいくつかあり、利用前はそれらを理解する必要があります。ファクタリングと廻し手形の違いは以下の通りです。

審査

廻し手形を利用する際は、取引先が手形振出人の信用情報や経営状況を調査しなければいけないため、取引先に断られるケースが多くあります。銀行などの金融機関に比べると審査は緩いですが、税金の滞納などがある企業が手形の振出先の場合、審査に通らない可能性があります。一方ファクタリングでは、売掛債権を保有してさえすれば審査に通過する確率が非常に高いです。また、審査対象が売掛先となるため、自社の信用情報や経営状況が審査に影響を及ぼすことはありません。特に2社間ファクタリングであれば売掛先からの承諾を得る必要がないので、高い確率で審査に通過することができます。

償還請求権

廻し手形のデメリットでも解説させていただきましたが、手形の振出先の倒産や未入金などにより手形が不渡りとなってしまった場合には償還請求権により、自社が振出先の代わりに支払う義務が発生してしまいます。一方ファクタリングには償還請求権がないため、売掛債権譲渡後にそれが不良債権化しても、ファクタリング会社に支払う義務はありません。

資金調達までのスピード

廻し手形を利用する際には、取引先が手形振出人の信用情報や経営状況を慎重に調査し、そのうえで廻し手形の利用に同意するか決定するため、一定の時間が掛かってしまいます。一方ファクタリングでは、最短即日で資金調達することができるため、廻し手形よりも早く資金調達することができます。資金調達までのスピードを重視しているのであれば、ファクタリングを利用することをおすすめします。

リスクが低く資金調達までのスピードが速いファクタリングの利用がおすすめ

今回はファクタリングと廻し手形の違いについて詳しく解説させていただきましたが、結論はファクタリングの方が廻し手形よりもリスクが低く資金調達までのスピードが速いためおすすめの資金調達方法といえます。廻し手形を利用する際は、償還請求権により自社に支払い義務が生じてしまうことや取引先に不信感を抱かれてしまうリスクがあるうえに、取引先が廻し手形の利用に同意してくれる可能性が低いと言えます。一方ファクタリングでは、売掛債権譲渡後に支払い義務が生じることはなく、2社間ファクタリングを利用すれば、取引先に知られることなく資金調達を行うことができます。また、審査通過率・スピードともに高く、売掛債権を保有していればほぼ確実に審査に通過することができます。しかし、ファクタリングには手数料が掛かってしまうことも理解しておきましょう。ファクタリングの手数料により、自社の資金繰りが悪化してしまう可能性があるため注意が必要です。リスクは少々高いが手数料がかからない「廻し手形」と、リスクは低いが手数料がかかる「ファクタリング」の内容をしっかりと理解して、自社に適した資金調達を行いましょう。
TOPに戻る