ゼネコンなどの建設業界でファクタリングが利用されている理由とは?ゼネコン向きのファクタリング会社についても解説 | 事業者向け即日ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

ゼネコンなどの建設業界でファクタリングが利用されている理由とは?ゼネコン向きのファクタリング会社についても解説

ゼネコンなどの建設業界が抱えている資金繰りの問題点

ゼネコンなどの建設業界は、資金繰りに関して多くの問題点を抱えており、それを解決することができる資金調達を行う必要があります。ゼネコンなどの建設業界でファクタリングが利用されている理由を理解するためにも、ゼネコンなどの建設業界が抱えている資金繰りの問題点について理解していきましょう。

1.売掛金の支払いサイトが長い

建設業界では、1つの案件の工期が数カ月から数年に渡るため、必然的に他の業種よりも支払いサイトが長くなってしまう傾向にあります。そのため、工事にかかる予算の確保が難しく、資金繰りが悪化してしまうことも珍しくはありません。この問題点を解決するためには、段階ごとに売掛金の決済を行ってもらう必要がありますが、対応してくれない業者も存在します。

2.人件費を日払いで支払うなど現金の出費が多い

建設業界では、工事の進み具合によって人材を調整する必要があり、人件費の出費が日々変動しています。また、日雇いを雇ったり社員に対しても日払いを行っている会社が多く現金での出費が非常に多い特徴があります。そのため、月給制や年棒制で従業員を雇っている会社よりも資金を確保することが難しい傾向があります。

3.融資の審査に通過しにくい

上記でも述べたように、建設業界は資金繰りが難しい業種として認識されているため、融資の審査に通過しにくいという問題点があります。銀行は融資を行う際に「貸倒れ」を最も恐れており、資金繰りが難しい建設業界は貸倒れリスクが高いと判断されてしまいます。一方で、大手ゼネコンなどは信頼性が高いことから融資の審査に通過できる可能性が高いといえるでしょう。

4.資金を多めに確保しておく必要がある

建設業界は、自然災害や工事の進捗状況によって日々状況が変動するため、資金を多めに確保しておく必要があります。売掛先から入金される前に先行的な費用が必要となる場合があり、予定よりも多くの資金が必要になることも珍しくありません。また、資金繰りが難しいとされている建設業界を取引先としている場合は、売掛金の入金遅れや倒産などによる未回収・貸し倒れリスクもあるため、最悪の場合も想定した資金確保を行わなければいけません。

ゼネコンなどの建設業界でファクタリングが利用されている理由

上記で述べた問題点は「ファクタリング」を利用することによって解決することができます。ファクタリングは融資よりも審査通過率が高く早期に資金を調達することができます。ゼネコンなどの建設業界でファクタリングが利用されている理由は以下のとおりです。

1.売掛金を支払期日前に現金化することができる

ゼネコンなどの建設業界で問題視されている「支払いサイトの期間」は、売掛金を支払期日前に現金化することができる「ファクタリング」を利用すれば解決することができます。実際に受け取ることができる金額は、本来の売掛金の額面から手数料を差し引かれた金額となってしまいますが、支払期日前に現金化することにより資金がショートするリスクを大幅に軽減することができます。

2.最短即日で売掛債権を現金化することができる

ゼネコンなどの建設業界では、自然災害や工事の進捗状況によって工事に掛かる費用が変動するため突発的に現金が必要になる場面が多くあります。その際に最短即日で売掛債権を現金化することができるファクタリングを利用すれば、突発的に必要となった資金を調達することができます。融資の場合は、貸借対照表や損益計算書など用意する書類が多いうえに、審査にも数週間~1カ月ほどかかってしまいます。しかし、ファクタリングを利用する際は、融資の審査に必要となる複雑な書類を用意する必要がなく、身分証明書などの簡単な書類のみで審査を受けることができます。

3.負債として計上されない

ファクタリング会社が提供しているサービスは、あくまでも「売掛債権の売買サービス」であるため、ファクタリングによって調達した資金は負債に計上されません。一方で資金調達方法を融資一択とした場合、負債額が増加するにつれて貸借対照表の肥大化を招く危険性があり、企業価値を下げてしまう可能性があります。ファクタリングによる資金調達では、負債として計上されないため、貸借対照表の肥大化を招かないうえに資産のオフバランス化によって企業価値を高めることができます。ゼネコンなどの建設業界では「信用」が重要視されているため、負債として計上されないファクタリングは大きなメリットといえるでしょう。

4.自社の経営状況は審査に影響しない

ファクタリングの審査対象は「売掛先」と「売掛債権自体」となっており、自社の経営状況や信用力は審査に影響しません。なぜなら、ファクタリング会社は売掛金の未回収による損失を最も恐れているため、実際に売掛金を支払う「売掛先」が審査対象となるからです。そのため、ファクタリングは過去に金融事故を起こしたことのある会社や経営状況が悪い会社でも利用することができます。資金繰りが苦しく、融資の審査に通過できる見込みがない場合は、ファクタリングの利用をおすすめします。

5.償還請求権がない

ファクタリングには基本的に償還請求権がありません。償還請求権とは、売掛先の倒産や経営悪化などの理由によりファクタリング会社への支払いができなくなった場合に、ファクタリング利用者(最初の債権者)に請求することができる権利のことです。償還請求権がある資金調達方法では、資金調達後も売掛先による未払いリスクがあるため、損失を受けた場合の資金を確保しておく必要があります。しかし、償還請求権のないファクタリングでは、売掛債権をファクタリング会社へ譲渡した後に請求されることはないため、売掛先の倒産リスクも回避することができます。

ゼネコンなどの建設業界が利用するべきファクタリング会社の特徴

上記で述べたように、ファクタリングはゼネコンなどの建設業界が抱えている問題点を解決することができる資金調達方法です。しかし、間違ったファクタリング会社を利用してしまうと、問題点を解決することができない場合もあります。各会社で何を重視するかによって利用すべきファクタリング会社は異なりますが、ゼネコンなどの建設業界が利用するべきファクタリング会社の特徴について理解していきましょう。

1.現金化スピードが早い

ファクタリングは最短即日で売掛債権を現金化することができる資金調達方法ですが、ファクタリング会社によっては、即日の現金化に対応していない場合もあります。また、ファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」があり、ファクタリングの利用に関して売掛先に同意を得る必要がある「3社間ファクタリング」では、現金化までに1~2週間ほどかかってしまう場合もあります。そのため、現金化スピードを重視されている方は、2社間ファクタリングを利用し、最短即日での現金化に対応しているファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

2.売掛債権の額面が少額でも利用することができる

ファクタリング会社は、売掛債権を買取る際の手数料で利益を出しています。そのため、ファクタリング会社によっては、あまり利益にならない少額な売掛債権を買取らない可能性もあります。ファクタリングは、売掛債権の額面が大きければ大きいほど差し引かれる手数料が多くなるため、必要な金額だけ現金化することができるように売掛債権の額面が少額でも利用できるファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

3.手数料が低い

ファクタリングを利用する際は、できるだけ手数料の低いファクタリング会社を選ぶようにしましょう。なぜなら、手数料が高くなればなるほど実際に受け取ることができる金額が少なくなるからです。ファクタリングの手数料相場は、2社間ファクタリングで10~20%、3社間ファクタリングでは1~9%となっています。年利で換算すると100%を超えることも珍しくないため、ファクタリングを利用する際は、2社以上のファクタリング会社で見積もりを取り、手数料の低いファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

4.過去の実績が豊富

ファクタリングは近年認知されてきているサービスであり、絶対的に信頼することができる大手企業が存在しません。また、法整備が追いついておらず、ファクタリング利用者は法律に守られていないという現状があります。そのため、ファクタリング会社を選ぶ際は、過去の実績が豊富な会社を選ぶようにしましょう。また、ホームページなどに代表者名や所在地、電話番号などが記載されているか確認することも重要となります。これらの情報が記載されていない場合は、高額な手数料を請求する悪徳業者の可能性もあるため、注意が必要です。

ファクタリングはゼネコンなどの建設業界に最適な資金調達方法

今回はゼネコンなどの建設業界がファクタリングを利用する理由と利用するべきファクタリング会社の特徴について解説させていただきました。ゼネコンなどの建設業界は、工事に掛かる費用が大きいため、売掛金が支払期日までに入金されなければ、事業を継続することができません。しかし、ファクタリングを利用し売掛金を支払期日前に現金化することで、資金繰りを改善することができます。資金繰りの改善や急な出費に対応するための資金が必要な場合は、ファクタリングの利用を検討してみましょう。

TOPに戻る