インターネット通販業界にファクタリングが適している理由とは?インターネット通販業界が抱えている問題点についても解説 | 事業者向け即日ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

インターネット通販業界にファクタリングが適している理由とは?インターネット通販業界が抱えている問題点についても解説

インターネット通販業界が抱えている問題点

インターネット通販は、時間や場所を問わずに買い物ができるだけでなく、クレジットカード決済や後払い決済など、さまざまな決済方法に対応しているため、利用者としてはかなり利便性に優れているものといえます。しかし、運営側は複数の問題点を抱えており、その問題点が資金繰りの悪化を招いてしまうケースもあります。そのようなインターネット通販業界が抱えている問題点は以下のとおりです。

1.先行投資が必要

インターネット通販業界では、商品の仕入れ費用・発送費用・商品管理費用などの先行投資が必要となります。また、ユーザーは購入前に商品を見ることも触れることもできないため、ユーザーの購入意欲を高めるための施策が重要となります。その施策の1つとして、リスティング広告やYouTube広告などがありますが、数十万~数百万ほどの高額な費用が必要になるケースが多くなっています。一方で、インターネット通販業界は実店舗を持たないため、人件費や家賃などを削減できるメリットもあります。

2.安定するまでに時間がかかる

上記でインターネット通販業界は購入意欲を高めることが重要であると述べましたが、特に事業を開始したばかりの時は、ECサイトの作成やWeb集客など、高額な初期投資が必要となります。それに加え、事業開始時はそれほど売上も見込めないため、利益を確保することは難しいといえるでしょう。そのため、インターネット通販業界は事業開始から安定するまでに時間がかかってしまいます。また、クレジット決済や後払い決済を行うユーザーも多いため、初回売上の回収には事業開始から2~3か月程かかってしまいます。このようなことから、事業開始から数か月間は資金繰りが難しいため、安定するまでには少なくとも半年はかかると思っておいた方がよいでしょう。

3.クレジット決済や後払い決済が多い

インターネット通販では、クレジットカード決済や後払い決済を行うユーザーが多くの割合を占めています。実店舗の場合は、商品と引き換えに代金を頂くことができるため、資金繰りに悩むことはあまりないでしょう。しかし、インターネット通販の場合は、クレジット債権の回収に時間がかかってしまうため、商品が売れたとしても、その代金を回収できるのは2~3か月後になります。

4.融資が受けにくい

インターネット通販を行っているのは、個人などの小規模事業者が多い傾向にあります。そのため、売上や信用性が低く、融資が受けにくい現状にあります。融資を受ける際の審査では、事業規模や財務状態を確認するため、資金繰りに問題を抱えやすいインターネット通販業界では、融資が受けにくいといえるでしょう。

5.資金繰りが悪化しやすい

上記で解説したようなこともあり、インターネット通販業界は資金繰りが悪化しやすいと言えます。先ほど、事業開始時の資金繰りが難しいと述べましたが、安定してからもさまざまな問題点が発生するでしょう。例えば、インターネット通販事業を拡大するためには、多くの在庫を持ち、多くの顧客に購入してもらわなければいけません。その際には、広告費や在庫管理費などの高額な費用が必要になるため、資金調達が必須となります。しかし、事業年数や事業規模が大きくないと、銀行は融資をしてくれません。このようなことから、インターネット通販業界では、資金繰りが悪化しやすいといえるでしょう。

インターネット通販業界にファクタリングが適している理由とは

上記で述べたように、インターネット通販業界はさまざまな問題点を抱えており、資金繰りが悪化しやすい業界といえるでしょう。しかし、インターネット通販業界の資金繰りを改善することができる資金調達方法があります。それは「ファクタリング」です。保有している売掛債権だけでなく、クレジット債権や在庫商品の買取も可能となっているため、インターネット通販業界に適している資金調達方法であるといえます。インターネット通販業界にファクタリングが適している理由は以下のとおりです。

1.現金化スピードが早い

ファクタリングは、支払期日前の債権を現金化することができるサービスですが、現金化スピードの速さはほかの資金調達方法では実現できないものとなっています。特に利用者とファクタリング会社の2社間で取引を行う「2社間ファクタリング」では、申し込みから現金振り込みまで、最短即日で完了できる場合もあります。インターネット通販業界では、商品を販売してから実際に代金が振り込まれるまで1~2か月、クレジット決済の場合は2~3か月ほどかかってしまいます。このように代金が振り込まれるまでにタイムラグがあるため、手元の現金が不足しやすい状況となってしまいがちです。しかし、ファクタリングを利用することで、現金不足を解消することができるため、資金繰りを改善することができます。

2.事業拡大に向けた資金調達ができる

ファクタリングの利用により、売掛債権やクレジット債権を早期に現金化することができるため、事業拡大に向けた資金調達ができます。というのも、ファクタリングは他の資金調達方法と違い、得た資金の使用方法に制限がありません。そのため、事業を拡大したい場合は広告費などの集客施策に、資金繰りが悪化している場合はランニングコストなどの運営費に利用することができます。インターネット通販業界は融資の審査に通りにくい傾向があるため、事業拡大に向けた資金調達を行うことが難しいですが、ファクタリングを利用することでその問題を解決することができます。

3.信用情報に傷がつかない

ファクタリングが提供しているのは「債権の売買サービス」であり、借入ではないため信用情報に傷がつきません。一方で融資の場合は、審査を申し込んだこと自体も信用情報に残るため、信用情報に傷がついてしまいます。また、ファクタリングで調達した資金は借入に当たらないため、融資を受ける際の借入限度額に影響はありません。このように、ファクタリングは信用情報を傷つけずに資金を調達できるだけでなく、貸借対照表をスリム化することができるため、将来的に融資を受けられる可能性が高くなります。将来高額な融資を予定しているが、とりあえず資金を調達したいという方には、ファクタリングがおすすめです。

4.審査通過率が高い

インターネット通販業界は、資金繰りに問題を抱えている事業者が多いため、利用者の信頼性や返済能力を重視している融資の審査には通過できないケースが多くあります。しかし、ファクタリングの審査で重要視されているのは、売掛先の信頼性であるため、資金繰りに問題を抱えている事業者や過去に赤字決済や財務超過のあった事業者でも、問題なく利用することができます。また、クレジットカードを取り扱っているクレジットカード会社は、基本的に大手であるため、クレジット債権に関しては、より審査通過率が高いといえるでしょう。

5.在庫商品も買取対象としているファクタリング会社がある

あまり知られていませんが、ファクタリング会社が提供しているサービスの中に、「在庫商品ファクタリング」というものがあります。インターネット通販業界では、仕入れた商品が売れ残ってしまい、長い期間在庫が動かないこともあります。今後売れる見込みのない在庫は、在庫管理費用だけかかってしまい、正直事業者としては邪魔な存在だと思います。そこで在庫商品ファクタリングを利用することで、不要な在庫を現金化することができるため、在庫管理費用を削減することができます。また、それにより調達できた資金は、人気商品の追加発注などにも利用することができるため、売上の向上にも期待することができます。しかし、在庫商品ファクタリングを取り扱っているファクタリング会社は少なく、買取ファクタリングよりも現金化スピードが遅い特徴があります。

まとめ

今回は、インターネット通販業界にファクタリングが適している理由とインターネット通販業界が抱えている問題点について解説させていただきました。インターネット通販業界に限らず、日本の企業間取引では「掛け取引」が採用されていることが多いため、資金繰りが難しいといった現状があります。その中でもインターネット通販業界は、融資などの資金調達が難しいため、資金繰りが悪化しやすい業界であるといえます。しかし、ファクタリングの利用により、債権を早期に現金化することで、資金繰りの改善や事業拡大に向けた施策を行えるようになります。また、売れる見込みのない在庫を抱えている場合でも、ファクタリングを利用することで、現金に換えることができるため、コスト削減にもつながります。このようなことから、ファクタリングはインターネット通販業界に適している資金調達方法であるといえます。

TOPに戻る