【完全版】つなぎ資金にはファクタリングが一番!特徴やメリットを解説します | 事業者向け即日ファクタリングならMSFJ株式会社
whats

【完全版】つなぎ資金にはファクタリングが一番!特徴やメリットを解説します

「キャッシュフローが悪くて経営が苦しい…」 「今すぐ現金化して、別のものに早く投資したい!」そういう声をよく聞きますし、現金化を早くしたいのもよくわかります。

キャッシュフローが良くなれば、経営も立て直せますしさまざまなところで投資ができますよね。

そこで今回は記事を執筆する際、複数のつなぎ資金を調査し、比較しました。

結論として、つなぎ資金にはファクタリングが一番です。 記事の流れとしては、

• つなぎ資金概要、メリット

• つなぎ資金の種類

• ファクタリング概要、メリット

• おすすめのファクタリング会社

の順です。ぜひ最後までお読みください。

つなぎ資金とは

 

概要と目的

つなぎ資金とは、資金不足の際に調達する資金です。資金を調達することによって、事業の運営や住宅ローンの自己資金の補填が可能です。

つなぎ資金には2種類存在し、

• 個人向けには住宅ローン

• 事業向けには運転資金確保

が目的になります。 それぞれ詳しく解説します。  

個人向け

個人向けのつなぎ資金は、住宅ローン利用時が主な使われかたです。理由としては住宅ローンを払う前に、多額の資金が必要になるかもしれないからです。 住宅ローンの支払が発生するのは、住宅の建築が完成したあとに発生します。しかし住宅を建てるにあたって、土地や着工金、中間金など他にも支払いが発生するかもしれません。 金額が高額のため、支払えない分を賄うためにつなぎ資金を利用します。 以上の理由から、住宅ローンの際に資金を調達します。 注意点としては、つなぎ資金は住宅ローンを組む際に同じ金融機関で、同時に契約をしなければなりません。つなぎ資金の支払いは住宅ローンと同時に返済します。  

事業者向け

事業者向けのつなぎ資金は、経営を安定させるために利用されます。すべての商品やサービスが現金で取引されていません。一部では相手先が売掛金を発行して、あと払いをするためすぐに資金が手元に入りません。 そのためつなぎ資金を利用して、資金を得て運転資金を確保します。資金を用いて、新しい製品開発や商品の仕入れが可能になるでしょう。 このような理由から、つなぎ資金を経営目的で使っています。

つなぎ資金のメリット

つなぎ資金を利用するメリットとして、

• キャッシュフローが改善される

• 利用するハードルが低い

• 資金繰りが改善されるため、金融機関からの信用が改善 が挙げられます。  

キャッシュフローが改善される

つなぎ資金によって会社のキャッシュフローが改善します。売掛金やあと払い金を得る前に資金が必要な際にメリットがあるでしょう。

例えば、会社が以下の状態だとします。

• 現在1,000,000円の資金がある

• 今月中に5,000,000円が必要

• 2ヶ月後に15,000,000円が受領できる

経営状況としては将来的には多額の資金を得られますが、今すぐにでも必要な状態です。このようにキャッシュが不足している際、つなぎ資金が活用できます。 つなぎ資金で今月に必要な資金を得て、将来手元に来る資金で返せばキャッシュフローは大幅に改善されるでしょう。  

利用するハードルが低い

つなぎ資金は多くの金融機関で利用可能です。  

資金繰りが改善されるため、金融機関からの信用が改善

つなぎ資金を上手く利用すれば、金融機関からの信用情報が改善されます。理由としては、キャッシュフローが改善するため、売上や資産、利益が増えるからです。 例えば、資金が足りないときにつなぎ資金を調達すれば、商品の仕入れを前もって行えます。仕入れた商品が売れれば、さらに収入や利益も増えるため、雪だるまのように経営状態が改善するでしょう。 以上の理由から、つなぎ資金によって金融機関からの信用が上がります。

つなぎ資金の資金獲得を受ける際の注意点

つなぎ資金はキャッシュをすぐに調達できるため、多くのメリットをもたらしますが注意点もあります。

• 必要な理由を明確にする

• 必要な金額を把握する

• 返済できる理由を明確にする

• 必要書類を準備する  

必要な理由を明確にする

つなぎ資金は名前の通り、「つなぎ」として使うため、必要な理由を明確にしなければなりません。理由もなく利用すると、損をしてしまい経営に打撃を与えます。  

必要な金額を把握する

必ず必要な金額を把握しましょう。理由としてはつなぎ資金はローンと違い、一括での返済を求められるかもしれないからです。つなぎ資金の金額が過大だと返す額も大きくなります。 さらに大きいつなぎ資金は審査に落ちる可能性があります。正確な理由なく、審査を通すのは非常に困難です。 そのため必ず必要最低限に抑えるため、必要金額を把握してください。  

返済できる理由を明確にする

つなぎ資金は金利が低く、短期での返済が求められます。そのため経営や契約から、返済できる理由を明確にしなければなりません。 金融機関も返済ができない相手に資金を出資しません。逆に証明できると審査が通りやすくなります。 ですから返済できる理由や証明を明確にしましょう。  

必要書類を準備する

返済可能な理由や証明をするために、書類や契約書は必ず準備しましょう。売掛金や仕入れに必要な原価など、つなぎ資金に使う理由と照らし合わせながら、準備しましょう。

つなぎ資金の種類

おすすめのつなぎ資金は以下になります。

 ノンバンク機関からの融資

 日本政策金融公庫

 不動産担保貸付

 手形割引

 ファクタリング

個人向けでは、「ノンバンク機関からの融資」と「ファクタリング」がおすすめです。それぞれ詳しく解説します。  

ノンバンク機関からの融資

「カードローン」や「住宅向けのつなぎローン」として有名です。最も一般的なつなぎ資金として使われています。 与信調査に問題がなければ、低金利で無担保の状態で調達が可能です。  

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は、国が100%出資している機関です。 審査が厳しく資金調達が遅いですが、低金利で高額の資金を取得できます。  

不動産担保貸付

不動産担保貸付は、持っている不動産によってつなぎ資金の資金調達額が変わります。必要書類が多く、不動産限定の制約があります。しかし審査が通りやすく、高額な資金調達を期待できるでしょう。

必要な書類の例としては、

• 担保不動産のローン残高確認書類

• 収入確認書類

• 不動産担保ローンの必要書類

• 担保不動産関係書類

• 未納税金関連書類

• 契約に必要な書類

が挙げられます。  

手形割引

手形を持っていないと資金調達を受けられませんが、手形割引なら即日可能なつなぎ資金です。手形の発行相手が、ほとんど大企業です。そのため信用力も高く審査が通りやすいのが特徴。 しかし手形が不渡りになった場合、買い戻す義務が発生するので注意が必要です。  

ファクタリング

ファクタリングは売掛金を売却によって資金を調達する取引です。 簡単に金銭の工面でき、審査が比較的容易で担保も不要です。個人から法人まで多くの方が利用されています。

つなぎ資金はファクタリングが一番

つなぎ資金としては、他の資金調達に比べてファクタリングが一番です。理由は以下の通りです。

 自社の業績が悪くても資金調達できる

 取引先倒産に備えられる

 借金ではないので信用情報への影響がない

 節税効果がある

自社の業績が悪くても資金調達できる

ファクタリングのメリットとして、会社の業績が悪いもしくは悪化しても資金獲得が可能な点です。理由としては、他の資金調達の場合は難しいからです。 例えば、銀行からの資金調達の場合は経営状況を確認します。業績が向上しているのか、返金可能なのかを必ず判断します。 しかし業績が悪いと金利が高く設定されたり、最悪資金の出資を断られたりと資金調達が難しくなります。 ファクタリングの場合は売掛債権をもとに判断するため、業績は全く関係ありません。売掛債権発行側の業績が問題なければ、資金を回収できるからです。

取引先倒産に備えられる

売掛債権発行側が倒産した際にもファクタリングは備えられます。ファクタリング会社は利用している法人や個人に対して請求が難しいからです。 具体的には売掛金の取引先が倒産した場合、売上資金を回収できません。つまり貸し倒れ状態になります。ファクタリング制度を利用すれば、売掛金の損失をファクタリング会社が負担するため、損失に備えられます。 以上からファクタリングを利用すると貸し倒れや売掛債権発行の倒産の影響を防げます。

借金ではないので信用情報への影響がない

ファクタリングは借金として扱われないため信用情報に影響を与えないのも特徴の一つです。理由としては会計上では資産が解消されるだけだからです。 銀行や金融機関から資金を獲得する場合は「負債」として、帳簿に記述します。しかしファクタリングの場合は売掛金の仕訳を変更するだけです。そのため仕訳上では負債はなくただ甕入り掛け金が減っただけになるので信用情報に影響を与えません。 ですからファクタリングは借金として勘定されず、信用情報に影響を与えません。

節税効果がある

ファクタリングのメリットとしては、節税効果があるのも挙げられます。ファクタリングは業務で必要経費として仕分けができるからです。 ファクタリング手数料を利益から経費として計上できるため、納める税金が減ります。 そのためファクタリングは節税の効果が他の資金調達に比べてあります。 注意点としては、利益から差し引くため、ファクタリングを必要以上に使用してしまうと使用情報に影響を与えます。

ファクタリングには2種類の取引方法がある

ファクタリングには2社間取引と3社間取引があります。

違いとしては、

• 利用者とファクタリング会社の2者間で行うのが2社間取引

• 利用者とファクタリング会社、売掛債権発行者の3者間で行うのが3社間取引 です。

3社間取引ではファクタリング会社が仲介に入る構図のため、取引先に伝わってしまうので注意が必要です。

まとめ

今回はつなぎ資金の解説をしました。特にファクタリングはすべての方におすすめです。

ファクタリングの強みとしては、

• 即日資金調達にも対応

• 審査が通りやすい

• 節税、相手先の倒産の影響を受けない

• オンラインで取引可能

• 業績が悪くても影響がない

が挙げられます。 法人だけでなく、個人でも簡単に利用可能です。会社によっては利用限度額が無制限のところもあり、自分に合った会社が見つかるかもしれません。 もしキャッシュフローを改善したい、すぐにでも資金が必要な方はファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。

TOPに戻る